So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国が野球で金! [野球全般]

 ちょっと旅行に行っていて、リアルタイムで記事が書けなかったのですが、韓国がオリンピックの野球で金メダルを獲得しましたね。全勝での優勝です。これは快挙と言っていいんじゃないでしょうか。韓国の代表選手には素直におめでとうと言いたいです。

 日本対韓国の準決勝を観ていて、岩瀬投手からイ・スンヨプ選手が2ランを打ったときは、正直やられたと思いました。もちろん日本を応援していましたから。ただ、日本では成績が振るわず、五輪中もあまり当たっていなかったイ・スンヨプ選手ですが、ここ一番というところではやりますね、まさに国民のヒーローですよ。決勝のキューバ戦でも2ランを打って、優勝を引き寄せる活躍、背負っているものが違うという感じですね。一スワローズファンとしては、もう五輪に出ることもないんだから、とっととメジャーに行って活躍してもらいたいものです(笑)

 日本代表については、全体を通してくすぶったまま終わってしまったという印象を受けました。星野監督本人も言っているように、メンバー選考や投手起用の面でミスがあったのは否定できないと思います。ただ、ミスはミスで、後から言っても仕方ないわけですから、その部分は次回に生かせばいいと思います。

 その中でも私が思ったのは、最高のパフォーマンスができないのなら、できないと言う勇気も必要なんじゃないかということです。戦っていく中でケガをする選手が出たり、不慣れなポジションで起用される選手が出たりしました。人数が限られている以上、ある程度無理をするのは必要かもしれません。でも、短期決戦の、しかもトーナメントという勝たなければ次がない試合の中で、万全じゃないけど出るというのは勇気ではなくてエゴなのではないかと思うんです。これはもちろん、代わりの選手がいればの話ですし、実際にベンチがどういう状況だったのかがわからない以上、憶測でしかありません。

 ちなみに、これはスワローズファンのエゴかもしれませんが、私は宮本選手がショートを守る姿が観たかったです(笑) ただこれもチームの方針、宮本選手の考え、宮本選手の状態がわからなかったので何とも言えませんね。

 今回、試合以前に気になったのは、(前回からそうだったかもしれませんが)「なにがなんでも金」という気合いの入れ方と、それに対するメディアの持ち上げ方です。行くからには優勝を目指すというのは当然の姿勢ですが、ここ数大会金メダルの実績がないのに、なんでそんな高慢な姿勢で戦わなければいけなかったのでしょうか。わざわざ余計なプレッシャーをかけなくてもいいのに。そのせいか、ベンチの選手たちを見ても、最初から悲壮感が漂っていて、辛気くさい顔してプレーしているように見えました。もっと余裕を持って、挑戦者の気持ちで臨んだ方が、より良いパフォーマンスができるんじゃないかと思って見ていました。へらへらやるというのとも違って、国際舞台で野球ができることをもっと楽しんでもいいんじゃないかと。

 最後に、「日本の野球はもっとすごい」のも、「力を出し切れなかった」のも事実だと思いますが、韓国に2度負けたのはまぎれもない事実です。これを調子のせいや人選のせいにして現実を見ないようでは、これから韓国との差は(今、日本が上にいるなら)どんどん縮まって、あるいは(韓国が上にいるなら)広がっていくでしょう。韓国は間違いなく力をつけてきています。「韓国に負けて屈辱的だ」というようなお高くとまった考え方を捨てなければ、日本の野球は上へ行けないのではないかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0