So-net無料ブログ作成
検索選択

話題の海外ドラマ「魔術師マーリン」 [中世ヨーロッパ・騎士物語]

 So-netのニュースランキングに入っていて、書かずにはいられなくなりました。今回は海外ドラマ「魔術師マーリン」を紹介します。

 「ハリポタより面白い?イケメン王子と魔術師の英ドラマ」
  http://news.so-net.ne.jp/article/detail/98277/

 NHKBS2でやっているドラマ「魔術師マーリン」(原題は「The Adventures of Merlin」)。マーリンと言えば、「アーサー王物語」ファンにはおなじみの名前でしょう。このドラマはその「アーサー王」を土台にして作られているファンタジーで、国名や登場人物の名前にも「アーサー王」に出てくる名前が多く使われています。

merlin01_1280.jpg


 ただ、「アーサー王物語」を知っている人に言わせれば、名前は使われているけど中身はまったく別物。良く言えば「大幅なアレンジ」ですが、悪く言えば「完全オリジナル」(笑)

 言っておきますが、けなしているわけではありません。このドラマ、ファンタジーファンなら絶対にハマります。というのも、その「アレンジ」がきれいにまとまっていて、あまり大仰ではない、じっくり見せるファンタジーとして作られているからです。むしろオリジナルで出してもいいんじゃないかと思うくらい、完成度は高いと思います。


 マーリンと言えば、いわゆる「アーサー王物語」の中では予言や魔術を駆使してアーサー王の家系を何百年も補佐し続ける老獪な魔術師として登場します。ですが、このドラマでのマーリンは、おそらく二十歳前後の設定なのでしょう、アーサーと同年代の青年で、未熟な魔術師のタマゴという役柄です。

 まず設定からして見事なのですが、アーサーの父であるキャメロット王ウーサー・ペンドラゴンは、過去の何らかのトラウマから魔術師が大嫌いで、魔法を使っているのが見つかったら、使ったものは即処刑という法を定めています。

 そんなキャメロットに、強力な魔力を秘めたマーリン青年が、宮廷医師ガイアスを頼って訪ねてくるところから物語は始まります。このガイアスは長年宮廷に仕える老医師で、実は魔法を使えるのですがそれを隠して(魔法も使わずに)過ごしています。見たところ、この人の役柄が原作のマーリンに近い感じですね。

 そこでマーリンはアーサーの従者となって、次々と襲いかかる悪い魔術師の罠からアーサーを(魔法で)救っていき、アーサーを大王へと成長させていく…というのが筋書きです。雰囲気としては、アーサーとマーリンの成長物語という感じですね。

 まだまだ書きたいことは山ほどあるのですが、ちょっと長くなりそうなので今回はこのへんで。次回は私チョイスの「みどころ」をお伝えします!
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 2

Nao

ファンタジー大好きです!
でもハリー・ポッターは、実は見たことないんですよね(笑)。
面白そうなので見てみようかな?
ご紹介ありがとうございます♪



by Nao (2009-11-20 23:27) 

イソップ

Naoさん、お久しぶりです。niceとコメントありがとうございます。

ハリー・ポッターも名作ですが、「魔術師マーリン」はまた違った魅力がありますよ。興味があったら、ぜひご覧下さい。
by イソップ (2009-11-20 23:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2