So-net無料ブログ作成
検索選択

「ダイアログ三題噺」Vol.1 缶・ドッペルゲンガー・ミルクティー [小噺・小ネタ]

 暑くて外に出る気になりません。だからネタもありません…。そんなわけで、自分でネタを作っちゃいました。新企画「ダイアログ三題噺」を発表いたします!


 今、mixi内のアプリで「三題噺お題作成ツール」というのが公開されています。これはクリック1つで勝手に三題噺のお題を提供してくれるもので、ランダムに選んだ3つの単語を表示する単純なアプリです。


 これを活用してなにか書いてみようかなと思ったのが今回の企画の始まりです。でも、ただ三題噺を作って公開するというのもつまらないので、対話形式(ダイアログ形式)で三題噺を書いてみたわけです。


 最初はフリートークのつもりで書いていたんですが、だんだん漫才のネタみたいになっていってしまいました。気が向いたら読んで下さい。


お題 缶 ドッペルゲンガー ミルクティー


金藤:いやー、ここのところホントに暑いですね。
吾川:暑いですよ。最近なんかは、35度以上の「猛暑日」が続いてるんですよ。知ってますか、「猛暑日」って。
金藤:知ってますよ。暑さを望む日と書いて「望暑日」でしょ?
吾川:この暑いのに、さらに望んでどうするんだよ!
金藤:「雨ごい」ならぬ「熱ごい」なんつってね。もっと暑くなれ、もっと暑くなれみたいな。
吾川:やるわけねぇだろ!
金藤:館林あたりではやってそうだけどね。
吾川:やってそうだけども。なんか、日本の最高気温記録なんか目指して。
金藤:どうすればもっと暑くなるのか考えて、砂漠にすればいいんじゃないって話になって、森林を伐採し始めて、仕舞いには鳥取砂丘から砂持って来ちゃう。
吾川:もう何がやりたいんだよ、ただの環境破壊じゃねぇか!

金藤:いやー、暑いとすぐのどが渇いちゃいますね。
吾川:ですねぇ。すぐ自動販売機に手が伸びちゃいますよ。
金藤:暑いときにはスポーツドリンクがいいみたいですね。
吾川:そうそう、熱中症予防には、ある程度塩分が入ってないといけないっていいますね。
金藤:そうするとやっぱり海に行って海水を一杯ひっかけるのが一番ですかね。
吾川:いやいやいやいや! それもう喉カラッカラになっちゃうから。最悪死んじゃうよ。絶対やらないで下さいね。

金藤:自販機と言えば缶ジュースとか、缶コーヒーとかあるじゃないですか。どんなの飲みますか?
吾川:僕は紅茶ですね。ミルクティーが好きです。
金藤:なんか意外だなぁ。割とオシャレなんですね。
吾川:ミルクティー、オシャレですか?
金藤:いやぁ、ミルクティーなんて貴族しか飲まないもんだと思ってました。
吾川:確かにロイヤルミルクティーとか言うけども。あの「ロイヤル」って別に貴族とか関係ないですからね。
金藤:えっ、そうなんですか?
吾川:紅茶の茶葉をミルクで煮出したものをロイヤルミルクティーっていうだけです。
金藤:へー、ってこんなところでうんちくなんていらないんですけど。
吾川:しょうがないじゃないですか。話の流れ的に。
金藤:一個も笑いがない。
吾川:うるさいよ!

金藤:じゃあ、缶とペットボトルではどっちが好きですか?
吾川:どっちかっていうと缶派かな。
金藤:なんかキャップがないと不便じゃないですか?
吾川:いや、キャップがなくても、すぐ飲んじゃうから。それに今、キャップがついてる缶もあるじゃない。
金藤:じゃあ、アルミ缶とスチール缶では?
吾川:うん、そこにこだわりはない! だいたい何がスチール缶に入ってるとか気にしてないから。

金藤:暑いって言ったら、今日なんかアスファルトの道路たいへんですよ。
吾川:ああ、もう太陽の照り返しがきついですからね。
金藤:なんか暑さで蜃気楼みたいになっちゃって。
吾川:「逃げ水」ってやつですね。地面に水があるみたいなんだけど、行ってみたらそんなのないっていう。
金藤:さっきなんか、その逃げ水をボーッと見てたら、あれ? あそこにオレがいるぞ? ってなって。
吾川:そんなことはないでしょ。
金藤:どんどんこっちに歩いてきてさ。そいつがオレにうり二つなんだよ。
吾川:それドッペルゲンガーじゃねぇか! 自分と全く同じ人間がいるって言うヤツね。あれ、見たら死ぬって言われてるんじゃなかったっけ。
金藤:オレもビックリしちゃってさ。どどどどうすればいいんだコレ。ってパニックになっちゃったんだけど。
吾川:うん、それで?
金藤:もう一回顔をよく見たら、水嶋ヒロだったんだよね。
吾川:いい加減にしろ。もういいよ。


 三題すべてを使うのは意外と大変でした。話の流れに無理なく三つを結びつけるのは全然できてませんね。どうしても一個一個ぶつ切りになってしまいます。特にドッペルゲンガーはしんどかった…。逃げ水からドッペルゲンガーって…、って自分でも思いますよ。


 一つ感じたのは、先にお題があると導入部分を作りやすいということです。最初の方なんかお題関係なく書いてますけど、そこで話を膨らませることがやりやすかった気がします。


 それにしても、しゃべり方の雰囲気が完全に爆笑問題さんになってますね…(笑)。気をつけたつもりなんですけど、油断するとすぐに似てきてしまいます。やっぱり日頃から影響を受けてるのかなぁ。


 一応著作物ですので、無断でネタとして使わないで下さい。念のため。


 ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。