So-net無料ブログ作成
検索選択

THE MANZAI 2011の感想 その2 [テレビ]

 前回の記事で、THE MANZAI 2011の決勝大会1回戦の感想までを書きました。改めて書きますが、それぞれのコンビが持ち味を発揮した良い大会だったと思います。ここからは決勝戦の感想と番組全体に対する印象を書いていきます。


 決勝戦。登場順:Hi-Hi、ナイツ、パンクブーブー、千鳥。
 Hi-Hiはボケのキャラに私がついて行けるようになって、そこからどんどん面白くなっていきました。ボケの上田さんが高田純次さんのいい加減キャラとかぶって見えて、それがまた面白かったです。

 ナイツは最後の怒濤のラッシュ。タブーに切り込んで行ったところが一番面白かったんですが、最終的にそれを評価するかどうかで審査結果が変わってしまったんじゃないかと思います。

 パンクブーブーは1回戦と違うパターンのネタ。1回戦が昨年のM-1のパターンで、決勝がおととしM-1を獲った時のパターンでした。こちらも完成度の高いネタで、大いに笑わせてもらいました。

 千鳥は1回戦と同じ電話ネタ。同じボケをかぶせてかぶせて、どんどん笑いを増幅させていく構成でした。2つのネタで合わせ技というオチもあって、見事でした。


 結果、優勝はパンクブーブー。審査員の票は割れましたが、パンクブーブーが5票を獲って完勝でした。ちなみにナイツが国民ワラテンと合わせて3票、千鳥が2票でした。


 決勝のネタは、他3組が1回戦と同系統のネタだったのに対して、パンクブーブーだけが別パターンのネタでした。この2パターンの1本ネタを揃えてきたところが、彼らの勝因だと思います。おそらく、昨年のM-1で同じパターンを2回やって敗れたイメージが残っていたのでしょう。本当におめでとうございます。


 今回の大会についてですが、何度も書くように、とても笑いやすい雰囲気のある感じの良い大会だったと思っています。紳助さんがいたらまた雰囲気は変わっていたでしょうし、たけしさんが出ていたかどうかもわかりません。


 国民ワラテンの制度については、賛否はそれぞれだと思います。これは率直に視聴者全員が一番「笑える」ネタに1票を入れるという制度です。私は参加しませんでした。なぜかと言うと、一番「笑える」ネタが一番「面白い」とは思わないからです。


 私個人としても笑えるネタが好きですし、過去のM-1でハライチのネタになんで高得点がつかないのかと思うこともありました。でも、それは好みの問題で、全編通して笑えるネタを評価する人もいれば、爆発力のあるひとつの笑いを好む人もいますし、全体の構成からオチまでの完成度を重視する人もいるんです。


 実際に今回の大会は「一番面白かったコンビ」に1票を入れる審査方法だったわけですから、そこで票が割れたのは、審査員それぞれの笑いの基準が違うからです。もっとも、今回も関西、関東で好みの違いが出ていたように感じましたが…。


 これを踏まえると、国民ワラテンは「視聴者みんなが一番笑えるネタ」という審査基準を持った審査員の1票だと考えられるので、悪い制度ではないかなと思います。


 ネタと関係なく、番組の中で見どころだと思ったのは、やっぱりたけしさんと、シークレットゲストで登場した爆笑問題です。しかも位置づけとして明らかにたけしさんの代役でしたから、爆笑問題ファンとしては嬉しい限りでした。


 登場したのは「審査員の休憩時間」で、しかもその間に1回戦突破者のネタを「再放送」するというフジテレビの勇気が試される時間帯だったので、この場を飽きさせなかったお二人の力は見事と言っていいんじゃないでしょうか。


 太田さんの「黒い交際」発言と田中さんの「俺たちを使ったお前らが悪い」発言は、腹を抱えて笑いました。最高のショーでした。


 島田紳助さんの退場劇もあって、企画自体が頓挫しかけた中、よくここまで笑える漫才コンテストに仕上げたなと思いました。それが率直な感想です。仕事の疲れも悩みも吹き飛びました。


 最後にもう一度、パンクブーブーおめでとう!



ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 2

コメント 2

やま

こういうコンクール?は審査員の主観が入るのは仕方がないかなと思います。
まあ色々と名誉的なものがついてきてしまうので 大変かもしれませんし割れるのも仕方がないのかもしれません。
ナイツは最後のP~~~は最高でしたが・・・・・

by やま (2011-12-18 21:27) 

イソップ

やまさん、コメント&niceありがとうございます。

こういうコンテストは審査員のジャッジも見どころのひとつですね。
どの審査員がどのコンビを評価するか、どういう見方をするのかを外から見るのも面白いものです。

by イソップ (2011-12-20 00:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0