So-net無料ブログ作成
検索選択

有川浩『キケン』〜ブックレビュー〜 [小説・本の紹介]

 今回は有川浩さんの小説『キケン』のご紹介です。装丁も中のイラストも漫画っぽくて、いかにも遊んでます的な印象で、有川さんがよく言う「大人のライトノベル」の体現のような小説でした。


キケン (新潮文庫)

キケン (新潮文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: 文庫



 いつものラブコメ展開はほどほどで、今回はがっつり男の青春を描いた作品でした。女性視点の小説が多いだけに、男たちの感情をどう描くのか気にして読んだんですが、お見事でした。むしろ、この人こんな引き出しもあるのかよと面食らったと言うのが正直なところです。



 成南電気工科大学の新入生、元山と池谷が大学のサークル「機械制御研究部」略して【キケン】に入部するところから物語はスタート。二回生で部長の上野と副部長の大神というキャラの濃い先輩を中心に、バカで、危うくて、熱い日常を描きます。


 構成はキケンの主要メンバーを軸に1話完結の短編を5話つなげた連作長編という感じ。作者もあとがきで書いていますが、「男子しか共有できない独特の世界」を描くというのがテーマのようです。


 舞台を理系大学にしたところが上手いなぁと思いました。理系にはおとなしいとか暗いといったイメージがつきものですが、それは登場人物の性格でいかようにも工夫できますし、機械系の大学なら犯罪に近い危ない代物を自分で作れてしまう輩が揃っているわけです。単純なスポ根やラブコメに走る必要もなく、料理の仕方次第で色々な面白い展開を作ることができるわけですね。


 と言っても、この小説で一番盛り上がるのは、なぜか学園祭のラーメン作りなんですが(笑)


 自分の人生を振り返っても、こういう男だけの世界に長くいたっていうのは経験がありません。ただ、学園祭の熱さは高校時代をちょっと思い出しました。


 青春の輝きを思い出したい人はぜひどうぞ。



ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0