So-net無料ブログ作成
検索選択

小説『インフェルノ』(ダン・ブラウン)感想〜ブックレビュー〜 [小説・本の紹介]

 ダン・ブラウンのロバート・ラングドンシリーズ第4弾、小説『インフェルノ』を読みました。スマホの襲来で本を読む時間が減っている私ですが、文庫版が出たので衝動買いして読みました。読んでみると一気に引き込まれて、上中下3巻を読み切ってしまいました。


インフェルノ(上) (角川文庫)

インフェルノ(上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/02/25
  • メディア: 文庫



 今回もジェットコースターストーリー。歴史的な書物を巡る謎解きであり、世界の観光スポットを巡る旅行記であり、現代の社会問題を巡る問題提起小説でもある、非常によく練られた物語です。


 ネタバレでない書き方をするのが難しいのですが、今回はダンテの『神曲』、とりわけその中の「地獄篇」が主要テーマになります。そしてフィレンツェ、ヴェネツィア、イスタンブールの観光名所を巡ります。さらに世界の人口過剰が問題となります。


 ・・・大変幼稚な書き方になってしまいました。


 改めて。我らがロバート・ラングドンが、フィレンツェにある病院で目覚めるところから今作は始まります。彼はここ二日間の記憶がなく、自分がなぜフィレンツェにいるのかも分からない。しかも頭に弾丸がかすめた痕があり、何らかの事件に巻き込まれたショックで記憶を失った恐れがあるーー。


 と、そこへ銃をぶっ放しながら押し入るスパイクヘアの殺人鬼、逃げるラングドンと担当医、手がかりはなぜか手にしていた小型プロジェクターから映し出される一枚の絵、ボッティチェルリの「地獄の見取り図」。追っ手から逃げるため、記憶を取り戻すため、ラングドン教授の謎解きと冒険が始まります。


 以下、ネタバレあります


 ラングドンシリーズを読むと、ヨーロッパに行きたくなります。出てきた名所それぞれにうんちくが語られるので、実際に行って見てみたいという気持ちが出てきます。大学時代に行った過去2回のヨーロッパ旅行でも、過去作『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』で出てきた名所のいくつかに行きましたし、そこではまた違った感動を覚えました。逆に今作で登場するヴェネツィアにも行っていたので、情景を想像するのに助かりました。


 さて、上に書いた冒頭部分(記憶喪失の部分)は、後半の重要な伏線になっていて、完全に裏切られるのですが、この裏切られ方は“やられた!”と思う反面、“ん?それってどうなの?”と思うところもありました。そもそも記憶喪失で失った時間をもう一回やり直して、もう一度謎解きをするという流れに、私は居心地の悪さを感じてしまいました。


 色々な勢力の思惑が絡まっている感も、伏線が回収されてからは強引に納得せざるを得ないのですが、思い返すと「それアンジャッシュかよ!」みたいな叙述トリックが行われていて、単純に騙されたという印象の方が強くなってしまいます。


 そういったツッコミは脇に置くとすれば、全体的にはとても綿密な取材を重ねていることがわかりますし、物語のスピード感と展開の面白さは素晴らしいの一言です。もっと言えばハリウッド向きだな、の一言です。


 扱われている人口爆発の問題は現実の重要な課題として、この物語を通じて世界に提起されれば、一般に広く知られるところになるでしょう。胸躍るエンターテインメントでありながら、勉強にもなる、今更ではありますが、是非ご一読を。


ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

本が好き!運営担当

突然のコメント、失礼いたします。
書評でつながる読書コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

今回レビューを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューを投稿していただきたいと思いコメントいたしました。
(無料会員制サイトです)

弊サイトにはその名の通り、本好きが多く投稿しており、交流することで今までにない本と出会えます。

ご自身のサイトと併用で利用されている方も多いです。
(弊サイトの書評掲載画面に、貴ブログへのリンクを貼ることができます。)

本が好き!では、書評(レビュー)をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。
by 本が好き!運営担当 (2016-11-04 10:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。