So-net無料ブログ作成
検索選択

スワローズ2016 苦しいシーズンを振り返る2〜野手篇〜 [スワローズ]

 前回に続き、2016年シーズンを5位で終えたスワローズを振り返ります。今回は野手篇としました。

blog-294神宮日本シリーズ2015第4戦.jpg


 開幕当初は昨年のレギュラー陣に故障明けのバレンティンが加わって、さらに強力な打線が組めると思われましたが、シーズン序盤から昨年打点王の畠山が離脱し、谷内が骨折、オールスター以降、川端、雄平、山田と主力選手が立て続けにケガに見舞われました。


 野手陣でMVPを挙げるとしたら私はバレンティンを推したいです。おそらく契約最終年だったことが大前提なのですが、足が悪い中で献身的な働きをしたのは間違いありません。一塁への全力疾走は山田も見習って欲しいぐらいでした。もちろん速くはありませんが…。


 クリーンナップがいない時期に一人で四番を張って、我慢して四球を選ぶ姿を首脳陣は評価するべきです。私は来年バレンティンが打線にいないとは考えていません。どうか残留して欲しい、これは一ファンとしての願いです。


 もう一人はやはり坂口選手でしょう。ヒットメーカー完全復活です。広角に打ち分ける絶妙なコントロールに四球を選ぶ技術、一番打者として申し分のない活躍でした。本当に体だけは労って、オフを過ごして頂きたいです。


 山田については、2年連続トリプルスリー、盗塁王など、成績は素晴らしいですし、死球さえなければ最後まで好成績を続けられたのだと思います。それでも個人的には物足りない印象です。


 口では「周りが見られるようになった」と言っていますが、無理矢理30盗塁を狙って、そのあとは走らなかったり(むしろ塁にさえ出られていませんが)、決めなければいけないときに打てなかったり、チームが5位という結果に終わった以上、球団のスター選手としては何もできなかったと言っても良いと思います。


 最終的に得点圏打率は.299まで落ちました。100打点には乗せたものの、チャンスで打てない印象は多くのファンが持っているのではないでしょうか。


 それからヒーローインタビューが全く面白くない!これはスワローズのほとんどの選手に言えますが、神宮のヒーローインタビューはみんなつば九郎に食われています。パフォーマンスもプロの技術の内ですよ!勉強してください!


 さて、多くのけが人が出た中で、若手にチャンスが巡ってきました。サード、ショートを守って72試合に出場し7本塁打の西浦、戦力外から這い上がってクリーンナップを打った鵜久森、打撃を買われてファーストの守備からスタメンに入った西田は不振の中村から正捕手を奪うほどの活躍を見せました。


 来季、レギュラークラスが十分に働けるとして、競争になるポジションはキャッチャー、ファースト、ショートになるでしょう。特にショート。大引が万全なら言うことはないのでしょうが、西浦、谷内に左の今浪もいて激戦は必至。しかも最後の2試合で一軍に上がってきたルーキー廣岡が鮮烈なデビューを飾っており、期待が膨らみます。


 今回も敬称略で失礼しました。私たちファンは、応援をし続けることしかできません。昨年の優勝のことは鮮明に覚えていますが、それまでの14年間だって忘れたわけじゃありません。つらい時期も共にするのがファンです。年季の入ったスワローズファンは、多少Bクラスが続いたぐらいで背を向けるファンでも、2位に終わって白けるファンでもありません。来季も優勝を信じて、精一杯の声援を送り続けます。


 追伸
 先日、田中浩康選手の退団が発表されました。大好きな選手でした。今でも守備ならリーグトップクラス、山田より上手いと思っています。彼は山田が出てきたことで、外野の守備に取り組み、昨年は海外FA権を行使して残留する「宣言残留」をしてまでスワローズでレギュラーを取る決意を示しました。


 それから一年での戦力外通告。球団はコーチ就任を打診したそうですが、34歳は若すぎます。「まだできる」なんて私でも思いますよ。他球団へ行っても活躍してくれることを心から願っています。スワローズ戦以外では応援します。ジャイアンツでなければ…。


ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。