So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

小篇「同じ顔の男」タイムマシーンのショート×3(没ネタ供養その2) [小噺・小ネタ]

 目の前に自分と同じ顔の男が立っていた。


「お、驚いてるな、オレ、明日から来たお前なんだぜ」


「は、いやいや、え、なに?」


「信じられないなら教えてやろう。今朝お前は大便をした時に途中で紙がなくなって、慌ててお母さーん!って叫んだだろう」


「いや、そういうのいいから。え、なんで?なんで明日から来た?」


「ん?まだ信じてないな?じゃあ昨日の夜、お前はタンスの角に足の小指をぶつけて…」


「いやいやいや、なにおかしなこと口走ってるんだよ。分かったから落ち着け。なんだよそのテンション、明日のオレそんなキャラかよ」


「なに?まだ信用できないって?お前は昨日の昼間、片思いのゆきえちゃんに告白して、『キモいんだけど』って言われて玉砕して…」


「いや、知ってるよ!分かったから。信じてるから。オレ昨日から散々なんだよ!お前に言われるまでもなく、オレの今の気分は最低なんだよ!」


「お、ようやく信じてくれたか、いや実はな、お前は明日、下校中にタイムマシンを見つけるんだ、そのタイムマシンは自分が生きてる過去ならいつでも戻ることができて…」


「だ、か、ら!なんで今日なんだよ!」


「え?」


「全部起きたあと!告白も!タンスの角も!紙がなかったのも!全部起きたあとなの!普通さ、こういうのって何か悪いことが起こる前にさかのぼって過去の自分に忠告したりして、未来を変える的なやつじゃん!なんで全部起こったあとの今日に、お前は来てるんだよ!」


「いやお前が気落ちしてるのオレ知ってたからさ、明日こんないいことがあるんだぞ〜って教えてあげたくて」


「やり直ーし!お前の優しさはわかった。オレはお前に救われたよ、ありがとう。でも今すぐ戻れ!さっさとタイムマシンまで戻って昨日に戻れ、いいな!昨日の朝だぞ!」


「いや、実は戻り方の説明書、読むの忘れちゃって、戻れないんだ」


「オレほんとバカだー!」

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

小篇「未来から来た男」タイムマシーンのショート×3(没ネタ供養) [小噺・小ネタ]

 タイムマシンで未来から来たという男に出会った。とても裕福そうには見えない、顔にアザのある男だった。男は言った。


「このタイムマシンは、1時間後には1人の人間を乗せて未来へ戻らなければならない。私はここに残る。君にぜひ、未来へ行ってもらいたい。なに、心配はいらないさ。これは定期便のようなもので、1時間おきに向こうとこちらを行ったり来たりしている。未来が気に入らなければ、すぐ戻ってくればいい。私のいた時代は、私のようなゴロツキでさえ、簡単にタイムトラベルができるほど、タイムマシンが普及しているのだよ」


 私は文字通りその男に乗せられて、タイムマシンで未来へ行くことにした。私はストレスと競争ばかりの今の世の中に飽き飽きしていた。例え未来がどんな時代だろうと、今を生き続けるよりはマシだろうと思ったのだ。


 たどり着いた先は荒野だった。遠くに廃墟となった未来都市が見える。目の前では無数の人間が殴り合いをしていた。どうやらこのタイムマシンを巡って争っているようだ。


 その瞬間、私は落胆とともに悟った。私はここで、1時間も生き延びなければならないのか、と。

続きを読む


シブラク「渋谷らくご」4月15日鑑賞!入船亭扇遊に感動! [アート]

 ちょいと渋谷で落語を聴いてきました。どうです?乙なもんでしょう。これがなかなか趣があっていいじゃあありませんか。


 渋谷区円山町はユーロスペースという小屋で、毎月だいたい2週目あたり金曜日から火曜日までの5日間、一日2回公演で落語の席がございます。この度は4月15日(土)の一回目(14:00〜16:00)の「渋谷らくご」を鑑賞致しました。料金は大人2500円です。

blog-332シブラク20170415昼.jpg

 一人30分の席を四人が演って二時間ぴったり。立地も渋谷とあって、噺家さんたちも分かりやすいネタで入ってくださるので気軽に手軽に楽しめる落語です。


 今回の演者とネタは

 柳家緑君 『くしゃみ講釈』
 立川吉笑 『狸の恩返しすぎ』
 柳家緑太 『星野屋』
 入船亭扇遊『妾馬』


 実は落語を生で聴くのはたぶん2回目。しかも今回の噺家さんたちは映像でも見たことがない初見のみなさん。それでも楽しめるから落語はすごい。大したことは書けませんが、思ったことをすこし書きます。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

「効果音女子」で2回目の採用 [@与太ガラス]

 「山里亮太の不毛な議論」で2週続けて採用頂きました。今回も「効果音女子」のコーナーです。


 テーマ2週目の「映画館で女子に言われたい言葉」でしたが、今回は1ネタだけ送って読まれました。何となく山里さんのツボがわかるので(というか共感できるので)、これからも狙い撃ちで定期的に送っていこうかと思います。


 本編通して聴き続けていますが、この番組は生放送の臨場感が強く伝わってくる番組ですね。その日のオープニングで生放送用のメールテーマが発表されて、それが2時間通してコーナーの合間に読まれるので、放送の流れが生メールによって変わっていく面白さがあります。


 ただ私はライブで聴くのが難しいのでタイムフリー勢を続けると思います。ちょっと距離を置きながら付き合っていく番組になるかもしれませんが、リスナーの皆さんにささやかな笑いを届けられるように、細々とコーナーメールを送り続けていきます。


 JUNK 山里亮太の不毛な議論 | TBSラジオ | 2017/04/12/水 25:00-27:00
 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170413010000
 ※radikoで再生可能です。再生したら3時間以内しか聴けません。
 放送から1週間以内限定です。


ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

日曜サンデー「花見 都々逸」で採用! [@与太ガラス]

 日曜日のことですが、TBSラジオ日曜サンデーで都々逸を読んで頂きました。ネタを読まれる快感は何度味わってもいいものです。


 今回のお題は「花見」。七七七五の都々逸の形式に「花見」という言葉を入れて考えるというもの。私の回答は


 花見するなら 千鳥ヶ淵と 言ったあの子が 千鳥足


 田中さんに大笑いして頂きました。ありがとうございます!


 今回もradioのシェア機能でURLを貼っておきます。ご興味のある方はどうぞ。

 爆笑問題の日曜サンデー (2) | TBSラジオ | 2017/04/09/日 15:00-17:00
 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170409150000
 ※radikoで再生可能です。再生したら3時間以内しか聴けません。
 放送から1週間以内限定です。

ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

「山里亮太 不毛な議論」で初採用 [@与太ガラス]

 またしてもラジオのお話。TBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太 不毛な議論」で1ネタ採用頂きました。初採用です。本当にありがとうございます。


 採用されたのは「効果音女子」のコーナー。お題のシチュエーションに沿って、女の子から言ってもらいたい台詞を送るモテない男の妄想が弾けるコーナーですね。いつものようにradikoのシェア機能でURLを貼っておきます。ご興味のある方はどうぞ。


 JUNK 山里亮太の不毛な議論 | TBSラジオ | 2017/04/05/水 25:00-27:00
 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170406025100
 ※radikoで再生可能です。再生したら3時間以内しか聴けません。
 放送から1週間以内限定です。


 ネタの送る量は少しずつですが、週1回ぐらいのペースでラジオから「与太ガラス」の名前が聞こえるようになってきました。たまらなく嬉しいですね。これもradikoのタイムフリーのおかげです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』〜ブックレビュー〜 [小説・本の紹介]

 小説の紹介をします。佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』。私がこの本を知ったきっかけは、Twitterでフォローしているラジオリスナーの方がつぶやいたからでした。偶然であった本ですが、とても心に残る作品でした。ラジオリスナーなら必読の書です。


明るい夜に出かけて

明るい夜に出かけて

  • 作者: 佐藤 多佳子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: 単行本


 おそらく「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」を聴いていた方なら当然のように読んでいるだろう本で、私が今更言うまでもないことなのでしょうが、この作品は、その番組への愛が詰まっています。


 主人公はラジオ好きな大学生で、中学生の頃から投稿していたネタ職人。ただ、自身のコンプレックスを巡るある事件からネット上に本名とラジオネームを晒され、そのことで大学を休学し、深夜のコンビニでアルバイトをする生活を送るようになっていました。物語は、主人公がそこで出会った人々とラジオとの交流を通して、再び前を向く意欲を取り戻していく方向に展開していきます。


 この物語の登場人物は、みんな“二つ以上の名前”を持つ若者たちです。つまり、現実世界の本名の他に、ネットやSNSやメディアの世界で別の名前である種の知名度を持っているのです。ラジオ、YouTube、ニコ生、アメーバピグ、Twitter…。そこは本来の自分とは違う人格を作れる場所でありながら、フィクションではなく、現実世界の一部として存在する世界です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「菊地成孔の粋な夜電波」で生メール採用! [@与太ガラス]

 エイプリルフールの朝、みなさまいかがお過ごしでしょうか。昨日はプロ野球の開幕もあって、スワローズが大勝した話もしたいのですが、またラジオの話を致します。スワローズの話は開幕3連戦が終わった後にでもしましょうか。


 昨晩の「粋な夜電波」で生メールを読んで頂きました!


 TBSラジオ【菊地成孔の粋な夜電波】。ジャズミュージシャンの菊地成孔さんが粋な音楽と与太話で金曜深夜を熱くするこの番組は、今回の放送を最後にお引っ越しが決まっていて、この時間での放送は最終回。


 普段は一部の職人を除いてほとんどリスナーからのお便りを読まないことで有名な番組なのですが、今回は生放送ということもあり、菊地さんの気まぐれでメールを募集していました。私は深夜の番組はいつもは録音のみで、リアルタイムで聴くことは少ないのですが、今日が休日ということもあり、ちょっと夜更かしして聴いていました。


 で、折角なので深夜から日曜8時に移動することの不安点をメールにしたためて送ってみました。そしたらあっさりラジオネームが聞こえてきて、メールが読まれました〜!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ