So-net無料ブログ作成

佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』〜ブックレビュー〜 [小説・本の紹介]

 小説の紹介をします。佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』。私がこの本を知ったきっかけは、Twitterでフォローしているラジオリスナーの方がつぶやいたからでした。偶然であった本ですが、とても心に残る作品でした。ラジオリスナーなら必読の書です。


明るい夜に出かけて

明るい夜に出かけて

  • 作者: 佐藤 多佳子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: 単行本


 おそらく「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」を聴いていた方なら当然のように読んでいるだろう本で、私が今更言うまでもないことなのでしょうが、この作品は、その番組への愛が詰まっています。


 主人公はラジオ好きな大学生で、中学生の頃から投稿していたネタ職人。ただ、自身のコンプレックスを巡るある事件からネット上に本名とラジオネームを晒され、そのことで大学を休学し、深夜のコンビニでアルバイトをする生活を送るようになっていました。物語は、主人公がそこで出会った人々とラジオとの交流を通して、再び前を向く意欲を取り戻していく方向に展開していきます。


 この物語の登場人物は、みんな“二つ以上の名前”を持つ若者たちです。つまり、現実世界の本名の他に、ネットやSNSやメディアの世界で別の名前である種の知名度を持っているのです。ラジオ、YouTube、ニコ生、アメーバピグ、Twitter…。そこは本来の自分とは違う人格を作れる場所でありながら、フィクションではなく、現実世界の一部として存在する世界です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: