So-net無料ブログ作成
検索選択

「sunrise garden vol.1」に行ってみた [アート]

 日曜日の話になりますが、音楽ライブを観に行ってきました。日比谷野外大音楽堂で行われた「sunrise garden vol.1」というライブ。若手注目のミュージシャン8組が参加したイベントです。

blog-368SunriseGarden-1.jpg


 出演は登場順に、FOLKS、ものんくる、GRAND FAMILY ORCHESTRA、羊文学、セレイナ・アン、WONK、I Don't Like Mondays.、Official髭男dism。


 私のお目当てはものんくるでした。私も音楽に詳しくないので、他のグループは全く知らないような感じでライブに臨みましたが、ライブの空気感に乗って楽しむことができました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

タイタンライブU40初鑑賞♪ 8/12 [アート]

 タイタンライブU40に行ってきました。珍しく土曜日開催だったので参加することができました。タイタンの事務所ライブとしては、前回のシネマライブ以来で、生では初でした。正直、このメンバーで1000円は安い。

blog-365タイタンU40チケット.jpg


 出演者は出番順に、モンローズ、プアーズ、まんじゅう大帝国、ネコニスズ、脳みそ夫、XXCLUB、松尾アトム前派出所、グリーンマンション、ウエストランド、ミヤシタガク、シティホテル3号室。テーマが「真夏の恐怖ネタ祭り」ということで、怖い話が満載でした…?


 では印象に残ったネタをいくつか。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

ハンバートハンバート「家族行進曲」インストアライブ行ったよ [アート]

 ようやくハンバートハンバートのアルバムについて書く準備が出来ました。もうすっかり人気者になってしまったハンバートハンバート。私が紹介するまでもなく、いろんなメディアで見かけるようになりました。そんな彼らが3年ぶりに出した9枚目アルバムが「家族行進曲」。

blog-363家族行進曲.jpg


 アルバムを作る過程ではタイトルを考えていなくて、作ってみたら家族がテーマの曲が多かったことからこのタイトルになったんだとか。いつの間にか「夫婦デュオ」と呼ばれるようになって、お子さんも二人いて、なんというか良成さんもすっかり丸くなったなぁという印象です。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ものんくるのタワレコ渋谷インストアライブに参戦♪ [アート]

 ものんくるのタワーレコード渋谷でのインストアライブに行ってきました。今回は4人編成。ものんくるのお二人に加えて、キーボード坪口昌恭、ドラムス伊吹文裕という布陣。今回も最高のグルーヴでした。

blog-359ものんくるタワレコ渋谷-1.jpg

 40分ぐらい前に行ったらもう人がパラパラ来ていて、メンバーがリハーサルをやっていました。もともと無料のライブなのでリハーサルから結構近くで見られました。2列目で前回と同じぐらいの距離感。インストアは早く行けば近くで見られていいですね。

blog-360ものんくるタワレコ吉田沙良.jpg

 ライブはアルバム「世界はここにしかないって上手に言って」から5曲ぐらいかな、を立て続けにプレイ。発売からほとんど毎日聴いているので1曲目のSUNNYSIDEからタテにヨコにノリノリで揺れ揺れでした。観客が思い思いのノリかたで揺れているのが良くて、近距離で密度の濃い臨場感を体験できました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シブラク「渋谷らくご」7月15日昼鑑賞!神田松之丞に痺れる! [アート]

 話は前後しますが、ものんくるのライブと同日昼間に、久しぶりにシブラクを観てきました。三連休で出かけやすいところに渋谷らくごが口を開けて待っていたような感じです。

blog-357シブラク2017年7月15日昼.jpg


 ふらっと行けば座れるだろうぐらいの感覚で行くと、たまに落とし穴があるのがシブラク。とりわけ神田松之丞が高座に上がるとなっては心して行かなければいけません。満員御礼、通路に座る客までいるというオマケ付きで、大盛況でした。


 それもそのはず、二つ目の講談師 神田松之丞がトリを務める会に前座で(失礼)落語の真打ちが二人も出ているという豪華編成なのです。登場順と演目は以下の通り。


 橘家圓太郎 悋気の火の玉
 立川志ら乃 壺算
 玉川奈々福 金魚夢幻
 神田松之丞 徳川天一坊 伊予の山中


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ものんくる「世界はここにしかないって上手に言って」購入&インストアライブ鑑賞! [アート]

 ものんくるの3rdアルバム「世界はここにしかないって上手に言って」が遂にリリースされました!夜電波リスナーとして、そしてものんくるのファンとして、これは見逃せない!ということで早速ゲット。


 そして本日、HMV record shop 渋谷で行われたインストアライブに行ってきました!! 写真撮影OKだったので、ライブの模様も紹介しつつ、SNSを通じてバズらせようと思います。

blog-353ものんくるHMV吉田沙良.jpg

ご存じボーカルの吉田沙良さん。生で観る&歌声を聴くのは初めて。



 前作「南へ」から三年を経ての新作とあって、力が入っているのを感じました。曲の雰囲気や沙良さんの声も少し変わっていて、でもノリの良さやグルーヴ感は今まで以上に強くなっている印象です。そして、まだ購入して3日目ですが、聴けば聴くほど胸に深く染み込んでいって、だんだんと踊り出したくなる衝動を抑えられなくなってきます。


blog-355ものんくるHMVライブ看板.jpg


そして今日、HMVでのインストアライブは5人編成。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラジオと絡めて「MONDO GROSSO」の話 [アート]

 先日発売されたアルバムが話題になっています「MONDO GROSSO」のお話です。というより、そのアルバムの中で1曲歌ってらっしゃる満島ひかりさんの話になるのかな。

blog-349MONDOGROSSO.jpg


 大沢伸一氏のソロプロジェクトであるMONDO GROSSOが14年ぶりにアルバムを発表しました。本当にミーハーで申し訳ない。この方の過去の活動については全く知らない中でお話しします。


 満島ひかりさんがこのアルバムで「ラビリンス」という曲を歌っているのですが、アルバムが発売されたその日にツイッターで流れてきたその曲のMVをたまたま見たんです。それでこれはすごいと思って渋谷のタワレコに買いに走ったという話であります。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「タイタンシネマライブ6.9」新宿で鑑賞 [アート]

 昨夜、タイタンライブを観てきました。残念ながら本物の会場である時事通信ホールのチケットは取れなかったので、TOHOシネマズ新宿でシネマライブの鑑賞になりました。仕事の都合で行けるかもって思うのがギリギリなので、時事通信ホールはよほどの幸運が重ならないと難しいかなと思います。

blog-348タイタンシネマライブ.jpg

シネマライブの来場者特典。号外が入ったクリアファイル。


 オープニングの映像や各演者の登場前のエピグラフも念入りに構成されていて、お笑いライブ全体をエンターテインメントとして仕上げているのがすごく紳士的だなと思いました。すごくオシャレなライブだと思いました。出演者のネタにオシャレ要素は欠片もありませんでしたけど(笑)


 出演は、爆笑問題 長井秀和 ゆりありく 瞬間メタル ウエストランド 日本エレキテル連合 BOOMER&プリンプリン パックンマックン ピンクの電話 アンガールズ 新宿カウボーイ ペンギンズ 脳みそ夫 ネコニスズ ミヤシタガク。


 全組の感想を連ねたいところですが、印象に残った組だけ挙げさせて頂きます。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

「ミュシャ展」譚《スラブ叙事詩》は見なきゃ死ねない [アート]

 遅ればせながら、ミュシャ展に行ってきました! 会期ぎりぎり、滑り込みセーフです。実は2週間前に一度足を運んでいるのですが、10時20分に着いたときに70分待ちと出ていて、しかもチケット売場にも長蛇の列ができていたので、一旦見送ったという経緯があります。

blog-346ミュシャ展-1.jpg

 悔しいのでローソンチケットでチケットを用意して、12連勤を終えた今日、朝イチで家を飛び出して開場前に到着しました。まあ、開場一時間前でも列はできていたんですが、なんか早めに開場したらしくて、10時頃には中に入ることができました。

blog-347ミュシャ展-2.jpg

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

映画「追憶」鑑賞 [アート]

 映画を観てきました。なんだかGWは映画の話題が多くなっていますね。降旗康男監督、木村大作撮影の映画「追憶」。胸にグッと迫る日本映画でした。

blog-344追憶.jpg


 25年前の悲しい過ちを共有する三人の男たちの物語。それぞれの道に進んでそれぞれの家族を持って生活していたところに、ある事件が起こります。…あらすじを説明すると色々ネタバレになってしまうので、内容は公式サイトなどを見てください。


 美しい物語でした。この物語には愛しかない。愛のために過ちを犯し、愛のために誰かを庇って、愛のために後悔する…。こんな感想しか出なくて情けないですが、愛に溢れる映画でした。


ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:映画 追憶
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画