So-net無料ブログ作成
検索選択

『英国の夢 ラファエル前派展』鑑賞 [アート]

 美術展の話。Bunkamuraのザ・ミュージアムで開催されている『英国の夢 ラファエル前派展』を鑑賞してきました。リバプール国立美術館所蔵作品の中から選りすぐったものを集めた企画展です。

blog-295ラファエル前派展フラジオレットを吹く天使.jpg

   エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ「フラジオレットを吹く天使」


 ラファエル前派というのは19世紀に英国で興った美術潮流で、簡単に言えばラファエロ以前の絵画へ回帰して緻密な自然描写を追求した一派ということです。ただ展示の内容としては、ラファエル前派だけでなく、そこに影響を受けた世代のそれ以降の英国絵画史を辿っていくものでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

映画「駆込み女と駆出し男」〜江戸時代の離婚を「いきいきと」描く〜 [アート]

 映画「駆込み女と駆出し男」を観てきました。公開当初は観るつもりはなかったのですが、前に両親が観てきて面白かったと言っていたのと、ライムスターの宇多丸さんがタマフルで絶賛していたのがきっかけで観る気になりました。口コミって大事ですね。

blog-290映画「駆込み女と駆出し男」.jpg


 やっぱり観て良かったです。とても面白かった。江戸時代の駆け込み寺「東慶寺」を舞台に、様々な想いを抱えて寺に駆け込む女性たちの物語を重すぎず、軽すぎず、いきいきと描いています。原案となった井上ひさしの『東慶寺花だより』は読んでいませんが、この機会に読んでみたいと思いました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「龍三と七人の子分たち」鑑賞 [アート]

 久しぶりに北野映画を劇場で観てきました。「龍三と七人の子分たち」の感想です。ついにたけしさんがコメディを撮ったか!という感慨を覚える作品でした。


 私は北野武監督の作品の、いわゆるガチガチの「ヤクザ映画」がどうも性に合わなくて、「座頭市」以来は観ていませんでした。今回もヤクザを題材にしてはいますが、やっているのは完全にコメディ。鑑賞後に「くっだらない映画!」と言うのが褒め言葉になるぐらいの最高のエンターテインメント作品でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「エイプリルフールズ」鑑賞 [アート]

 ここのところ、やたらと映画を観に行っています。前に観に行った映画の予告編を見て、あれもいいな、これも面白そうなどと思っていたら、いろいろ観たくなってしまいました。いいお客さんですね。


 今日は「エイプリルフールズ」を観てきました。ドラマ「リーガル・ハイ」のスタッフが作った作品という前評判で、これは観なくては、と思い足を運びました。


 渋谷のHUMAXで観たのですが、客層が若いこと。先週観た「風に立つライオン」とは全く年齢層が違いました。でも俳優陣とストーリーからすると、誰でも楽しめる映画だと思います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「風に立つライオン」鑑賞 [アート]

 映画「風に立つライオン」を観てきました。

blog-286映画「風に立つライオン」.jpg


 さだまさしさんの同名の曲を原案にした原作小説の映画化作品。というよりも大沢たかおさんの熱望により、映画を作るためにさださんが小説を書いたというのが実際のところのようです。


 物語は日本人医師航一郎が長崎大学のケニアの研究施設である熱帯医学研究所に赴任するところから始まります。戦場から次々と運び込まれてくる負傷した少年兵士たちを目の当たりにし、主人公は生き方や医療のあり方について見つめ直していきます。


 「言わずと知れた」なのか「知る人ぞ知る」なのかは、その人がさだまさしさんのファンか否かで変わるでしょうが、「風に立つライオン」という曲はさださんの曲の中でも名曲の部類に入るでしょう。個人的にはさださんの曲の中で最も好きな曲です。

続きを読む


「アートサロン展』を見学 [アート]

 国立新美術館で2月16日まで開催している『第24回全日本アートサロン絵画大賞展』を見てきました。仕事の関係から無料招待券を頂いたので、せっかくだからと観に行きました。

blog-285アートサロン展.jpg


 アマチュアの方々の公募作品を審査して展示するもので、大賞、佳作、入選あわせて実に700点以上が展示されていました。私自身は絵を描く趣味はなく、絵画展というとある画家の作品やある美術館の作品をまとめた展覧会を観るのがほとんどなので、こうした展覧会はあまり馴染みがありませんでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

映画「マエストロ!」鑑賞 [アート]

 本日、映画「マエストロ!」を鑑賞してきました。私が新作映画の公開初週に映画館に行くというのも滅多にないことなので、ほんの感想だけ綴っておきます。


 まず、私は原作の漫画も読んでいませんし、音楽のこともわかりません。観に行った動機も、両親が行くと言うからついていったという程度。だから、予備知識と言えば、フジテレビでチラッと見たPRぐらいでなものでした。


 その程度でも楽しめたのか、その程度だから楽しめたのか、これは微妙なところですが、十分に楽しめました。原作のことや、交響楽団の知識がある方が見たら気になるところはあるのかもしれませんが、私は気にならなかったです。それくらい、役者さん方の演技は見事でした。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ガウディ×井上雄彦』展 直感レビュー [アート]

 どうも。お盆休み中のイソップです。せっかくの長めの休みなのに予定がありません。そこで、面白そうな美術展はないかと検索して、見つかったので行ってみることにしました。

blog-284ガウディ×井上雄彦.jpg


 森アーツギャラリーで開催中の特別展『ガウディ×井上雄彦 シンクロする創造の源泉』。昨日見つけて、今日行きました。そのため予備知識はゼロです。金曜日の朝10時半頃に着きましたが、それほど混雑はしていませんでした。


 なかなか手の込んだ作り込みをしているなぁ、という印象を持ちました。展示の核の部分はアントニ・ガウディの生涯を辿ったもので、そこに井上雄彦さんの創作が随所にちりばめられているといった感じです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

【相棒-劇場版Ⅲ】観てきました [アート]

 ゴールデンウィークということで、家族で映画を見に行きました。【相棒-劇場版Ⅲ】です。相棒は神戸尊(及川光博)時代から見始めた若輩者ですが、今では家族揃ってファンになりました。GWの予定もなかった私は、母親に誘われるままに映画館へ行きました。


 あらすじ:ある事故の調査のために東京から300キロ離れた太平洋の孤島に赴く特命係。しかしそれは表向きの名目で、特命係は別の密命を受けています。それは非合法兵器の調査。孤島は元自衛隊員が作った民兵組織が共同生活をする島で、彼らが秘密裏にある兵器を製造しているという噂があったのです。


 今回も抜群のエンターテインメントで、楽しませて頂きました。テーマが軍事でしたから、アクションやギミックも各所にあり、見応えがありました。もちろん杉下右京さんの推理も見事。


 しかし、やはり相棒は社会派ドラマです。大画面でドンパチを繰り広げても、最後には社会的なテーマが現れてきます。


続きを読む(ネタバレに注意)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

印象派のパトロン『カイユボット展』鑑賞 [アート]

 招待券があるというので、友人に誘われてカイユボット展に行ってきました。東京駅近くのブリジストン美術館で、12月29日まで開かれています。パリの都市を描いた画家として有名なカイユボットですが、この展覧会を見てみると実に多彩な絵を書いていたことがわかりました。


 カイユボットと言えば、オルセーで見た『鉋をかける人々』を思い出すのですが、今回それは来ていませんでした。興味深かったのは、彼のパトロンとしての側面と、それが自身の絵画に影響を及ぼしていたという点です。



 

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート