So-net無料ブログ作成
検索選択
小噺・小ネタ ブログトップ
前の10件 | -

オモシロアリの研究 [小噺・小ネタ]

 このほど、M大学の研究チームが、オモシロアリの交配に関する研究の成果について発表した。


 オモシロアリとは日本の東北地方に生息するアリの仲間で、昆虫の体節を大きく三つに分けた頭部・胸部・腹部のうち、頭部だけが白いのが特徴の種である。和名の由来は、まさに頭の部分、つまり面(おも)が白いというこの特徴から命名された。


 さて、ここに別の種類のアリがいる。和名をオジロアリという。こちらは南米に生息するアリで、もうお分かりと思うが三つに分けた体節のうち腹部だけが白い。なぜハラシロアリとならなかったのか気になるところだが、尾っぽの方が白いのだから、見た目としてはしっくりくる。


 M大学のチームの研究というのは、この二種の交配だ。頭部だけが白いアリと腹部だけが白いアリ、このアリ同士を交配させたら、果たしてどんなアリが生まれるのか。この研究をくだらないと思うか、興味深いと思うかは人それぞれだろう。


 チームリーダーである八田教授は、この研究のために南米に飛んで希少種であるオジロアリの検体をアマゾンの奥地で千体以上も採取したというから涙ぐましい。


 苦節二年、様々な角度からの研究の末、ついに交配に成功し、生まれたアリは皆様のご想像通り、頭部と腹部が白い、全く新しいアリとなった。そしてこのほど、このアリが新種として認定され、世の人々の知るところとなったのだ。


 ここで議論となったのが、新種のアリの名称である。命名権はリーダーである八田教授が持つことになったが、悩んだ彼はチームのメンバーと話し合うことにした。ここで事態は思わぬ方向へと進むことになる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

謎かけで「第4回 ネゴキング」獲得! [小噺・小ネタ]

 イソップは「ネゴキング」の称号を手に入れた!


 ブログ解析サイト「blogram」さんが行っている寝言つぶやき企画「ネゴトーク」。これは言ってみれば「お題付きツイッター」のようなもので、様々な事柄に関する「ひとこと寝言」を投稿できるサービスです。


 このサイトでは定期的に、この「ネゴトーク」を使って、あるお題に関する「寝言」をコンテストのように審査するイベントを行っています。それがネゴトークイベント「〜おもしろネゴトNo.1〜 ネゴキング」です。


 私が投稿した第4回のお題は、『「夏の謎かけ」に挑戦!』ということで、「花火」「オバケ」「おじいちゃん/おばあちゃん」のうち、どれか1つをお題にした謎かけを作るというものでした。審査は運営側の評価で決まるということだったので、真剣に考えれば上位に入れるのではないかと思い、いくつかひねってみました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「ダイアログ三題噺」Vol.1 缶・ドッペルゲンガー・ミルクティー [小噺・小ネタ]

 暑くて外に出る気になりません。だからネタもありません…。そんなわけで、自分でネタを作っちゃいました。新企画「ダイアログ三題噺」を発表いたします!


 今、mixi内のアプリで「三題噺お題作成ツール」というのが公開されています。これはクリック1つで勝手に三題噺のお題を提供してくれるもので、ランダムに選んだ3つの単語を表示する単純なアプリです。


 これを活用してなにか書いてみようかなと思ったのが今回の企画の始まりです。でも、ただ三題噺を作って公開するというのもつまらないので、対話形式(ダイアログ形式)で三題噺を書いてみたわけです。


 最初はフリートークのつもりで書いていたんですが、だんだん漫才のネタみたいになっていってしまいました。気が向いたら読んで下さい。


お題 缶 ドッペルゲンガー ミルクティー

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

小噺「桜は散るから美しい」 [小噺・小ネタ]

 先日、阿刀田高さんのエッセイ本(『殺し文句の研究』新潮文庫)を読んだのですが、その影響からか、自分もエッセイのようなものを書いてみたくなりました。考えてみれば、そもそもブログって随筆の類を書くものですよね。


 読み返してみると私のブログにはそういう記事は少ないようで、本格的にそんな記事を捻ってみるのもいいかもしれないと思い始めました。たまたま今日書くネタがなかっただけというのは内緒です。


 ただ書いてみたら、どうも噺家(はなしか)口調になってしまいました。これは先週、談志師匠の声を聞いたからでしょうか。なのでエッセイと言うより小噺(こばなし)ですね。阿刀田先生や談志師匠には到底及びませんが、ひとつお付き合い下さい。


ーーーーー

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本語について考える 〜【煮詰まる】の意味を例に〜 [小噺・小ネタ]

 唐突ですが、みなさんはこの例文を読んで、どうお感じになりますか。


 「会議が始まって2時間が経ち、議論が煮詰まってきた。」


 いまや使い古されたと言ってもいい、「煮詰まる」という言葉の意味の問題です。もちろんこの使い方自体が慣用表現で、元々の意味は「煮えて鍋の中の水気がなくなる」(『新明解国語辞典 第六版』)と説明されています。ただ、上の例文を見てこの意味を答える人はいないでしょう。


 上の例文で私が正しいと思う意味は、「論点が出尽くして、問題が解決に向かってきた」という意味です。そしてこれが元々の意味から派生した慣用表現としては最初に出てきた意味だと思われます。ちなみに、手許にある辞書の範囲ですが、1969年に刷られた『岩波国語辞典』にはこの意味は書かれていませんでした。


 ところが、現在では上の例文の意味として、「議論が行き詰まって、これ以上前に進まなくなった」と考える人が多くなっているようです。おそらく、「詰まる」の意味に引っぱられてこの意味が出てきたのでしょう。私は自分で調べるまで、この意味を誤用だと思っていました。


続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

HN占い [小噺・小ネタ]

 たまにはこんな記事も。友達がmixiに載せていたのでやってみました。ハンドルネーム占いです。

ハンドルネーム占い
http://hname.net

イソップ
(2) (2) (3) (2)
総運:13
中吉

才能豊かで、特に芸術的センスに秀でる運気。
困難な事にも、真正面から対峙し克服できる。
人当たりもよく、自然によい人材が寄ってきます。
過度の自惚れに注意。

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>凶>大凶

 まあ、ハンドルネームと言っても私の場合は童話(編纂)の大巨匠の名前で、たぶんよくあるニックネームですけどね。で、占いの下にこんなのが付いています。

くだらない改名案↓

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アハ!ピクチャーその2 [小噺・小ネタ]

 最近、卒論とバイトばかりの生活になっていて、これといったネタがないので、困ったときのアハ!ピクチャー。今回が第2弾です!

 ルールは簡単、白と黒だけの絵に加工された写真から、元の写真を当てるだけ。写真は私が撮ったものです。それでは行きましょう。

マツバギクーafter.jpg

 ヒントは、暑い季節にパーッと花開くアレです! わかるかな〜?





正解はこちら!


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

出オチ感まる出し! 「ぐるぐるソーセージ」 [小噺・小ネタ]

 私がバイトしているコンビニ(サンクス)で新商品が売り出されました。

 その新商品がコチラ!

3385583_large.jpg


 その名も「ぐるぐるソーセージ」!!!

 見た目からしてネタですよね。完全に出オチでしょう。この独創的なフォルムはマンガに出てくるペロペロキャンディを思い出させます(笑)

詳細はコチラ


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

川越珍写真 [小噺・小ネタ]

 昨日は川越散歩について書きましたが、今回はその川越への旅の中で出会った気になる光景を紹介します。ウケるかスベるか、きわどい写真をお楽しみ下さい。

 まずは、倉庫のような建物に付いていた看板。
3310348
 え、だれ? っていうか名前? 川越は、ここの地名か。じゃあなんでコウジ?


 お次は川越菊まつりで出会った一コマ。
3310349
 ひょっとこ菊おばけ!


 こちらは街中にあったクリーニング屋さん。
3310351
 「いわかみくん」て! なに、地元じゃ有名人なの!?

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アハ!ピクチャーその1 [小噺・小ネタ]

 ここのところ記事にするほどのネタがないので、自作のアハ!ピクチャーを紹介しましょう。基本的にクイズになるので、タイトルを付けるのが難しいですね…(笑)

 一発目ということで、いきなり大物を出しましょう。もちろん私が撮った写真です。

 まずはこちら!
イチロー1after-2.jpg

 この写真でもわかる人はわかるでしょう。これは一番崩した写真。

 ヒント:写真の中の人数は3人。メインは上の人。


 次は少しはっきりと。
イチロー1after-1.jpg

 多少具体的になった…かな。どういう場面かはわかったでしょう。

 最後はこちら。
イチロー1after-3.jpg

 色が濃いバージョン。バッターボックスがくっきり見えますね。

 3つの写真を総合すれば…、もうおわかりでしょう。

正解はこちら!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 小噺・小ネタ ブログトップ