So-net無料ブログ作成
検索選択

エリアフリー始めました。〜radikoプレミアムでRCCとBSSを満喫〜 [@与太ガラス]

 エリアフリー始めました。遂にラジオ課金時代の始まりです。一体何の話かというと、radikoプレミアムに登録しまして、エリア外(首都圏で聴ける放送局以外の局)の番組が聴けるようになりました。


 radikoプレミアムに登録したきっかけは、数週間前に放送された日曜サンデーの「ラジオ新番組選手権」でして、そこで紹介された「DressingのNice Fantasy!!」(毎週月曜日21:45〜22:00)という番組をどうしても聴きたくなったからです。


 ドレスを着て歌う、自称ファンタジー系シンガーソングライターであるDressingちゃんの広島RCCラジオでやっている15分番組なのですが、これがとにかく面白い。キャラクターが完璧で、かつDressingちゃんの頭の回転の速さ、ファンタジーっぽい言葉への言い換えの上手さが光っていて本当に面白いんです。


 本当ならこの番組で記事を一本書かなければいけないところですが、私、エリアフリーで早速浮気をしました。同時間帯に放送しているBSS山陰放送の「森谷佳奈のはきださNIGHT!」(毎週月曜日21:00〜22:00)を聴き始めてしまったのです(笑) 実はこの番組は昨年の「…新番組選手権」で優勝した番組で、エリアフリー始めたし聴いてみるかと思ったら、まあ面白い。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

映画「追憶」鑑賞 [アート]

 映画を観てきました。なんだかGWは映画の話題が多くなっていますね。降旗康男監督、木村大作撮影の映画「追憶」。胸にグッと迫る日本映画でした。

blog-344追憶.jpg


 25年前の悲しい過ちを共有する三人の男たちの物語。それぞれの道に進んでそれぞれの家族を持って生活していたところに、ある事件が起こります。…あらすじを説明すると色々ネタバレになってしまうので、内容は公式サイトなどを見てください。


 美しい物語でした。この物語には愛しかない。愛のために過ちを犯し、愛のために誰かを庇って、愛のために後悔する…。こんな感想しか出なくて情けないですが、愛に溢れる映画でした。


ブログランキング参加中↓をクリック♪
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

タグ:映画 追憶
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「この世界の片隅に」半年遅れの初見レビュー [アート]

 映画「この世界の片隅に」を観てきました。公開からもう半年ほど経っていますが初見です。いつか観なければいけないと思いながら、まだやってるからいいかとズルズル日が経ってしまい、昨日ようやく観ました。結果、一度も行ったことのない蒲田の映画館で観るというオマケ付きです。

blog-343この世界の片隅に.jpg


 今更ネタバレもありませんが、漫画原作で、内容は戦前・戦中の広島と呉を描いています。主人公はちょっとおっとりしたごく普通の女性すずさん。この物語は、戦争の中に生きた、ごく普通の人々の生活を丁寧に描いた作品です。


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

初のお笑いライブ鑑賞「K-PROゴールデンウィーク特別興行」 [アート]

 お笑いライブに行ってきました。しもきた空間リバティで行われた「K-PROゴールデンウィーク特別興行1日目」。若手・中堅の芸人17組が次から次へとネタをする素晴らしい舞台でした。純粋なお笑いライブに参加したのは、人生初のことです。

blog-342K-PROライブGW特別興行.jpg


 私のお目当てはタイタン所属の新星「まんじゅう大帝国」。半年ほど前にアルコ&ピースのラジオで名前が出て以来、気になって仕方がなくて、しかもこのほどタイタンに所属が決まるという大変な事態。まさにサクセスストーリーを一足飛びに駆け上がっていく彼らのネタを、この時期に一度は生で観ておきたいと思ったのが動機でした。


 最近は私もネタ番組やバラエティをほとんど見ていないので、名前もネタも知っている芸人さんがほとんどいませんでした。あとはラフターナイトで声だけ聴いているぐらい(笑) それでも最初から最後まで、ずーっと笑いっぱなしのライブでした。


 オンバト世代でM−1などの賞レースが出てきた中で成長してきた私は、なにも考えずにただ笑うだけのお笑いがこんなにも楽しいものだということを忘れていたのかもしれません。本当に掛け値なしに笑える自由な空間でした。


 特に印象に残った組を挙げたいと思います。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

小篇「デタラメだらけ」政治家のショート×3採用ネタ [@与太ガラス]


「全くのデタラメだ」


 D大臣は力強い口調で答えた。自分に対する不正献金疑惑で、週刊誌が現場を押さえたとスクープ記事を書いた。しかしそれは事実無根。料亭になど行っていないし、Y社の社長とも会っていない。もっと言えば、私にはアリバイがあった。


 デマと分かっているゴシップほど滑稽なものはない。真実が分かった時には野党の失策になる。おかしすぎて厳粛そうな顔を作るのが大変だったほどだ。


 数日後、D大臣の不正献金疑惑は週刊誌記者のでっち上げだと分かった。野党は追及の矛先を失い、気勢を削がれ、世間からも批判された。


 D大臣はしたり顔で家に帰ると、妻が鬼の形相で立っていた。


「どうした、恐い顔をして」


 妻は無言のまま、D大臣にスチール写真を差し出した。そこには、D大臣と若い女性との密会現場が写っていた。写真の日付は、あの不正献金疑惑と同じ日だった。


 D大臣は苦しまぎれに言った。


「全くのデタラメだ!私はその日、料亭でY社の社長と会っていたんだ!国会では上手く逃げたが、あのゴシップは本当だったんだ!」


 すると奥の扉が開く音がした。


「これはこれはD大臣、貴重な証言をありがとうございます。おかげでいい記事が書けそうです」


 そこにいたのは、不正献金疑惑の記事を書いた記者だった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い